アトピーでも保湿したら怖くない│皮膚の炎症を防ぐ

若々しい肌を保つ方法

女性

いつまでも若々しい肌を保つためには、まずは化粧品によって外側からのケアをすることです。シミがあると一気に老けた印象になるため、美白成分入りの美容液から始めると良い。また、体の内側からのケアも重要になるため、日々口にする食べ物にも気を配ることが重要である。

詳細を確認する...

スキンケアの重要性

皮膚科での治療方法

顔の手入れ

アトピー性皮膚炎は、激しいかゆみや赤みの強い湿疹が発生する皮膚炎で、はっきりとした原因は明らかになっていません。アトピー性皮膚炎かどうかの診断は皮膚科専門医から受けることができます。 皮膚科での治療は、ステロイドと呼ばれる外用薬や、保湿剤、かゆみ止めなどの内服薬や漢方薬などが用いられて行われています。 アトピー性皮膚炎の人の肌は、乾燥肌であることが多く、肌のバリア機能が低下していると様々な物質にアレルギーを起こしやすくなるため、適切な保湿剤を用いて肌を潤すことが皮膚科でも推奨されています。 保湿剤は、皮膚科の保険診療内でも処方されるほか、医薬品や化粧品メーカーからも低刺激の保湿剤が販売されています。

アトピー性皮膚炎は、原因がはっきりしていないものの、特定の因子で悪化することがわかっているケースがあります。たとえば、ほこりやダニ、牛乳や卵などにアレルギーを持っている場合、それに触れたり食べたりすることで肌に湿疹ができたりかゆみが出る場合があります。皮膚科では、どのような物質にアレルギーを起こしやすいかの検査を行っているので、血液を採取し、検査を受けることでアトピー性皮膚炎の症状が抑えられる可能性が期待されています。 又、外用薬に頼らない治療を目指す皮膚科も増えており、食生活や生活スタイルの指導、サプリメントや浄水器などを使用し、症状が出ることを未然に防ぐ予防的医療も盛んに行われるようになってきています。

皮脂を抑えるスキンケア

美容

毛穴の黒ずみ、開き、たるみなどは、皮脂やメイクの汚れ、古い角質などが原因でおこります。毛穴トラブルを改善するには、普段のスキンケアの最後に収れん系の化粧水で引き締めると効果的です。収れん化粧水は皮脂をコントロールする働きがあります。

詳細を確認する...

体の異常への対処

女性

唇の乾燥については、体の臓器に異常がある場合に引き起こされることとなります。ですので、健康には常に気を付けて生活をするようにすることが必要なことになります。リップクリームなど使用することによっても改善出来ます。

詳細を確認する...